高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

インプラントのリスク

現在、インプラントに関する人々の興味は非常に高いものとなっています。
しかし、インプラントも万能な施術ではなく、もちろんリスクもあります。
ここではおおまかにそのリスクのパターンを4つに分けて、見ていきましょう。

まず一つめですが、これはインプラント施術を行う前のリスクについてです。
インプラントを行う際には、歯の状態も重要になりますが、体の状態も同様に問題となります。
糖尿病をもっていたり、または心臓疾患、不整脈があったり、出血をコントロールできなかったり、免疫不全だったりすると、施術は行えない可能性があります。

また、歯の状態も同様に問題です。
インプラント施術を行う際、顎の骨の状態が悪いと、施術を行えない可能性があります。
それでも無理やおこなってしまうと、今度は施術後の問題となります。

二つめですが、インプラントの施術を行う際の問題点です。
無理やり施術をおこなった結果、施術後に問題が起こったケースは存在します。
下顎を傷つけてしまった、あるいは神経や血管を傷つけたケースです。

施術を行う際は再三再四確認を行い、問題点をクリアにしてはじめて施術に望むようにしましょう。
三つめですが、インプラント施術後の問題点です。
腫れや内出血が起こる場合があります。

また、インプラント後しばらくしても、歯周病になったり、インプラントの本数が少なくて歯の全体のバランスが崩れることもあります。
四つめですが、インプラントの施術を行うにあたって、全体的なリスクになります。
上顎の奥歯の欠損時などに、無理に施術を行うと、歯肉炎になる可能性があるのです。

ただし、いずれの場合も、施術前に確認を怠った結果となるのがほとんどです。
施術するからといってなんでもお医者さんに任せてしまうのではなく、あくまで自分の歯です。
ですから、細かいところまで確認していった上で、気持ちよく施術を終えることができるようにしていきましょう。

歯は私たちの大切な部分です。
しっかりケアもしていきましょう。