高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

インプラント不可のケース

インプラントは、いつどんなときでも行なえる施術ではありません。
おこなえるケース、おこなえないケースは存在します。
そのなかで、今回はインプラントがおこなえないケースについてみてみることにしましょう。

インプラントは歯に直接埋め込む施術ですので、歯に一定の強さが求められます。
もちろん硬ければ硬いほどよしとされますし、一定の厚みがあれば、施術もスムーズで、さらに施術後に歯が抜け落ちたりする心配も少なくなります。
ですが、これはあくまで可能性のお話であり。

たとえ施術前になにも異常がなく、大丈夫と判断されても、成功は完璧なものとは言い切れませんので、注意しましょう。
もちろん最初の時点で、骨がどんな状態にあるかのチェックがおこなわれます。
この時点で、骨の状態に異常はないか、または上顎と下顎はどんな状態なのか、この状態でどのくらい経過したのかを綿密にチェックします。

それでOKとなれば、今度はインプラントをいくつ埋め込むかというお話になります。
しかし、顎の状態が悪かったり、または骨の状態によっても、施術はNGとなる可能性もあります。
最初からインプラントを考えていて、施術代ができたらインプラントをしようと考えていらっしゃる方は、早め早めの相談が大切です。

あとでしようと思っていたら、実際はNGだった、というケースも少なくありません。
NGになるケースは、生まれつきに骨が弱かったり、または顎の状態が悪かったりします。
他に、歯の噛みあわせが悪い状態が長く続いたり、多くの歯が抜け落ちたが、そのままの状態で放置していたり、歯周病や歯肉炎の悪化のケースがあるようです。

また、要因のひとつとしては、喫煙をおこなうことによってのリスクもありますので、ご注意ください。
もし骨の状態があまりよくないのに、無理やり施術をおこなってしまいます。
その場合、今度は施術後に歯が抜け落ちる、または痛み、出血があるなどの状態に陥ってしまうことがありますので、注意しましょう。