高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

四大インプラントを知る

インプラントにはいろんな種類が存在しています。
なかでも有名なのが4大インプラントと呼ばれるシステムで、これらは長い臨床実績、および研究を重ねたことから、知名度が高いシステムとなっているのです。
そのインプラントシステムとは、ブローネマルク、ストローマン(ITI)、アストラテック、スイスプラスの4大インプラントシステムなのです。

現在はインプラントも一般的に浸透し、種類も増え、また施術方法も確立してきました。
その大多数のシステムの中でも、これらのインプラントシステムは群を抜いているのです。
但し、将来的には、ブローネマルクにとって代わり、リプレイスセレクトと呼ばれるシステムが4大セレクトのひとつになると見られています。

今後のインプラントの動向としては、実績、およびデータなどから、患者さんひとりひとりの特徴を洗い出し、用途や症例にあわせて使用されていくようです。
ですので、インプラントシステムも決まりきったものというよりかは、そのときの状況や患者さんの状態にあわせて使用、施術される方法へとシフトしていくことになるでしょう。
そう考えると、4大インプラントという言葉そのものが、なくなる時代ももうすぐそこまで迫っているのかもしれません。

ITの世界の技術が日進月歩のように、医療の技術も日進月歩、今日の技術が最新のものと考えられていても、明日にはまた違った技術が生み出されているかもしれません。
医療の革命によって私たちの生活は楽なものとはなりますが、同時にそこにあるリスクというものも考えていく必要があります。
お医者さんの言う言葉だからといって全て鵜呑みにするのではなく、しっかり自分で決めた上で決断するようにしましょう。

歯は自分にとって大切な部分です。
歯がないと食事をうまく噛むことができず、肥満に繋がったり、栄養素がしっかり行き渡らなくなったりします。
また、顔のバランス、骨格自体の変化にもつながる、まさにデメリットしかないのです。

ですので、歯のケアはしっかりするようにしていきましょう。