高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

骨量とインプラント

骨量とインプラントには密接な関係性があります。
骨にインプラントを埋め込むことによって、まるで自分の歯のように扱うためです。
インプラントは骨に埋め込むことによって使用するものです。

よって、骨の量や、骨の質というものが重要になります。
この量、および質が足りていないと、手術が受けられなくなる可能性があります。
なぜかといえば、術後になんらかのトラブルが起きてしまうためです。

具体例を交えて見てみることにしましょう。
まず下顎にインプラントを埋め込む場合です。
下顎には、血管や神経などが多数あります。

また傷がつきやすい部分でもあります。
ここにインプラントを埋め込む場合には、しっかり骨の度合いを確認しないと、神経に傷がついたり、血管に傷がついて血が止まらなくなったりします。
顔のバランスを整える意味でも大事な部分ですので、下手にいじったりすると、歯の全体バランスにも影響を与えてしまいます。

注意しましょう。
実際に下顎にインプラントの施術をおこなった際、神経に傷がついてしまい、唇のしびれがとまらなくなってしまったという事例もあるようです。
この場合、薬などで対処は可能なのですが、できれば最初の時点で成功するか、また成功するにしてもどのくらいの確率なのかをしっかり確認しておく必要があります。

次に上顎の場合です。
上顎の場合、実は鼻との間に空洞が存在しており、しっかりした骨がないとこの空洞にインプラントが入ってしまう可能性があります。
ですので、上顎の場合も、骨の厚みが重要になります。

このように、インプラントをおこなうには骨の厚みや量が大切です。
たかが骨、と考えるのではなく、どのようにして骨が存在し、歯の全体バランスが保たれているのかを考えていく必要があります。
インプラントは成功させることによって、快適な生活が手に入るのも事実です。

ですが、手術して今後の生活をしていくのは自分です。
再三再四確認を行った上で、きちんとOKとなったうえで施術に移行しましょう。
のちのち困らないためにも、確認は大切です。