高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

インプラントで美しい歯並び

インプラントは歯を美しいものに変えてくれます。
外見がどれだけ良くとも、歯の綺麗さがなければそれも台無し。
歯を美しく保つためには、日ごろのケアが大切ですが、それでも歯は自然と弱ってくるものです。

歯を綺麗にする方法。
その方法の1つが、インプラントなわけです。
そもそもインプラントは、歯周病や虫歯などで歯を失ったり、噛みあわせの悪くなった歯を改善する目的で開発された技術です。

インプラントは別名第三の歯とも呼ばれます。
余談ですが、第一の歯が乳歯で、そのあと生えるのが第二の歯である永久歯です。
第三の歯、インプラントによって、病や噛みあわせの影響で悪くなった歯を、元通り、綺麗な、美しい歯並びにすることが可能なのです。

例を挙げて説明していきましょう。
歯のほとんどが欠けてしまった場合のインプラント方法です。
前歯はかろうじて残っているものの、そのほとんどが欠けてしまったり、または銀歯として埋め込んである状況の場合。

銀歯は保険が適用されることもあってか、日本においては多くの人が利用しているのが現状です。
しかし、いったん口を開くと見えてしまう上に、痛かったり、しみたりといったデメリットもあります。
ですので、一概には銀歯はよいとは言い切れないでしょう。

そのためのインプラントです。
歯が欠損した状態であっても、顎の状態がきっちりとしていれば、インプラントを埋め込むことによって元通りの綺麗な歯の形に戻すことが可能なのです。
歯は大切な部分です。

若いころどれだけしっかりケアをしていたとしても、歯の状態は悪くなってしまうものです。
それにはストレスが関係していたり、または食生活、生活スタイルも関係しているといえるでしょう。
歯を失わないためにも、日ごろの生活を一度見直してみましょう。

いま、自分の歯の状態が芳しくない方は、一度歯医者さんに診てもらうことをおすすめします。
場合によってはインプラントとなるかもしれませんが、今後の長い人生を考え、しっかり決断してみてください。