高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

総インプラントの費用

インプラントには、総インプラントと部分インプラントという、2つの方法が存在します。
いずれにも特徴があり、メリットとデメリットが存在しています。
そんな中で、今回は総インプラントの費用について見てみることにしましょう。

まず、インプラントについてです。
インプラントは、歯の抜け落ちてしまった部分や、歯ががたついて噛みあわせが悪くなってしまった部分を補うために開発された施術です。
お医者さんそれぞれの特徴もありますし、また施術方法もそれぞれによって異なります。

そして、さらにインプラントを取り扱っている業者さんにも種類や特徴がありますので、施術を行う際には注意が必要です。
抜け落ちた歯の本数が1本、あるいは2本程度の場合には、そのポイントのみをインプラントで修復すれば事足りるのです。
ですが、歯全体のバランスを変えたいとなった際には、ポイントのみを変えていくと大変です。

ですので、全体のバランスを意識しながら施術を行っていく必要があるのです。
その場合に、有効な施術方法が総インプラントです。
インプラントの費用は、大体1本あたりの金額として20万円から40万円ほどで計算が可能です。

総インプラントにする場合には、上顎だと170万円から190万円ほど、下顎だと120万円から150万円ほどとなっています。
もちろんインプラントの種類や、お医者さんによっても費用は異なりますので、施術前にはしっかり確認するようにしましょう。
メリットとして、入れ歯と異なり、しっかり固定できるようになる点。

また、顎の骨の咀嚼能力を保つことができますので、骨にある一定の強さを持たせることが可能です。
そして、しっかり固定してキープさせるので、入れ歯がずれ落ちたり、外れたりといったトラブルをなくすことができます。
デメリットとしては、費用が高い点、および治療期間が長いことが挙げられます。

ですが、これらデメリットを差引いてもしっかり頑丈な歯を作ることができますので、インプラントを考えていらっしゃる方はぜひ一度相談
されることをおすすめします。