高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

喫煙者はインプラントできない

喫煙者はインプラントできないとされています。
これはいったいなぜなのでしょうか。
インプラントといえば、手術費用は高額なものの、あたかも自分の歯のように扱えることから、近年需要の高まりを見せている手術です。

入れ歯と異なり、しっかり埋め込むことができます。
ですので、途中で外れてしまったり、または一日ごとに外してメンテナンスするといった必要性がないので、安心して扱うことが可能なのです。
ですが、その一方で、手術を考えているものの、できないというケースも存在しています。

骨に埋め込む手術ですので、骨そのものが薄かったり、または弱っていたりすると、手術はできない可能性があります。
それを無理に通そうとすると、今度は術後に歯が抜け落ちてしまったり、または歯全体のバランスの崩れが早かったりしてしまいます。
一つの要因としては、喫煙が挙げられます。

喫煙をする機会が多ければ多いほど、歯の血流の流れが悪くなります。
そのため歯の基盤となる骨が弱くなってしまうのです。
これによって、虫歯にもなりやすくなり、または歯肉炎や歯周病といった病気も発生していきます。

これが発症したときに、すぐお医者さんに診てもらえればいいのですが、長い期間放っておいてしまうと、歯の状態はますます深刻なものとなっていきます。
その結果、最後には歯のバランスがガタガタになって、うまく食べ物を食べれないような状態になってしまいます。
こうなると、食べ物を細かく噛めない分、肥満になる可能性が高まったり、栄養素が行き渡らず、他の病気になるリスクが高まったりしますので要注意。

結果、喫煙は歯に多くの病気になるリスクを与えるのです。
喫煙そのものが悪いというわけではないものの、日ごろから歯のケアを欠かさず、もし不安だと思ったらお医者さんに診てもらうことによって、リスクの軽減は可能です。
歯は私たちにとって大切な部分です。

雑に扱ってしまうと、将来的には歯のほとんどが無くなってしまう可能性もあります。
ぜひとも今のうちから、きちんとケアをしていくようにしましょう。