高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

インプラントは一生もの?

インプラントは一生使えるものなのでしょうか。
高い手術費、それとアフターフォローを必要とするのがインプラントです。
結論からいうと、一生は使えないものとなっています。

インプラントにも寿命というのが存在するのです。
これはインプラントの種類や、施術方法、施術後のケア、メンテナンスの度合いによって異なります。
インプラントの施術後、しっかりと寿命を延ばしていきたいと考えたら、しっかりメンテナンスやケアをしていく必要があります。

高い費用を払っても、一生使えないというのは不便、という意見もあるかもしれませんが、実際に歯はとてもデリケートな場所です。
普段食事をしている分には気がつかないかもしれませんが、歯はケアをしておかないと、菌が繁殖してしまい、虫歯の原因となったり、歯肉炎や歯周病といった病気になる原因となります。
そのため日ごろのケアが欠かせないのです。

それでも、年をとったり、顎の骨が弱ることによって歯が欠けたり、抜け落ちることがあります。
1本、2本抜けただけでも、全体のバランスが崩れてしまったりします。
なので、噛みあわせが悪くなったりすることがあり、これを放置してしまうことによって、気づいたときには手遅れといったケースも少なくありません。

自分の歯の調子が悪いな、と感じたら、すぐにお医者さんに相談するようにしましょう。
場合によっては、入れ歯やインプラントをすすめられることになるかと思います。
その場合、自分の歯の状態をキープするための代替案ですので、しっかり考えたうえで決断するようにしましょう。

インプラントは寿命こそあるものの、しっかりケアすることでその寿命が長くなります。
入れ歯と違い、顎の骨も鍛えられますので、弱ることなく、将来的にずっと食事ができるような環境を作ることが可能です。
メリットやデメリットは多いですが、自分の健康、将来への投資と考えると、決して高いものではありません。

種類や施術方法はたくさんありますので、自分にマッチしたものを選ぶようにしましょう。