高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

インプラントに重要なのは顎

インプラントには顎が重要です。
もし顎の状態がガタガタの場合、インプラント施術は行えないかもしれないのです。
具体例を交えて、見ていきましょう。

インプラントは顎に人工歯を埋め込む施術です。
ここがガタガタだと、せっかく埋め込んだものも抜けるおそれがあります。
まず上顎の場合です。

上顎の場合、奥には、上顎洞とよばれる場所があります。
ここは鼻と繋がっている箇所なのです。
しかし、歯がなくなって放置されていると、顎の骨が吸収されていき、自然と顎の骨が薄くなってしまうのです。

もし、この骨が薄くなった部分にインプラントを行うと、最初のうちは機能していたとしても、上顎洞の中に落ちてしまう可能性があります。
上顎の骨が薄くなっている場合には、サイナスリフト、あるいはソケットリフトという処置を行います。
そして、インプラントが可能な状態にまで処置できるのですが、いずれの場合も顎の骨さえきちんとしていれば、行える施術となっています。

次に、下顎の場合についてです。
下顎には、神経や血管、筋肉などが密集しています。
インプラントの際、ここがガタガタだったり、あるいは埋め込み角度を間違えてしまうことによって、顔全体のバランスを崩してしまう可能性もあるのです。

もし施術する場合でも、慎重に行っていきましょう。
最後に、前歯についてです。
前歯は歯の箇所の中でもデリケートな場所。

そのため前歯が抜けると、さらに骨がうすくなります。
その場合、インプラントは困難になります。
顎の状態、および前歯の状態は、インプラント施術には重要なのです。

このように、インプラント施術は万能なものではありません、ある程度の頑丈の顎のような、ベースとなるものが必要なのです。
ですので、もし自分の歯が不安に感じる場合には、早め早めに対策を講じていくことが重要です。
歯は自分にとって大切な部分です。

近年は食事も多様化し、やわらかい食べ物ばかり食べる方も増えてきました。
しかしそれが原因のひとつとなって、若い方でも歯が喪失してしまう事例が増えてきています。
歯を大切に扱っていきましょう。