高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

インプラントとデンタルローン

歯は人の命です。
歯が欠けてしまったり、抜けてしまったり、歯周病によって歯の調子を悪くしてしまったりします。
ですが、気づいたときにはもうガタガタになってしまうのが歯。

30代、40代と年を重ねるごとに、歯の状態は変わってきます。
将来をきちんと過ごすためにも、歯のケアは欠かさないようにしましょう。
歯の治療方法はいろんなものがありますが、虫歯治療や歯周病の予防のほかに、歯の全体を治療する方法としてインプラントという方法があります。

ですが、インプラントにはそれ相応のお金が発生しますので、予算を組むのも大変です。
インプラントを行う際におすすめなのが、デンタルローンと呼ばれるローンの存在です。
これは歯の治療を行いたいと思ったとき、通常の分割払いよりも長い期間、支払いという形を選ぶことが可能になります。

借りれるところはいくつかあります。
具体例を出してみましょう。
通常のローンを借りる場合であれば、銀行や信版会社、カード会社から借りることとなります。

銀行の場合だと、返済期間は5年から10年となり、年利は5%から7%ほどになります。
但し窓口での契約となりますので、その分手間がかかります。
信販会社の場合には、歯科医院での申し込みとなります。

年利は8.5%以上となっています。
手続きは歯科医院で可能なのですが、その分年利は高いです。
そのほかには、カード会社のローンもあります。

年利は15%から18%ほどとなっています。
歯の治療を対象にしているのならば、通常のローンよりも低金利で借りることができます。
この場合、金利は通常のローンより少なくなって、6%から13%程度になります。

最初に手続きするときに、合計でいくらの支払いになるのか、または利息、手数料などを確認することができます。
いずれのローンも、もし使いたいとなったときには、あらかじめ確認しておくことが大切。
急いで決断するのではなく、綿密な計画を考えた上で借りるようにしましょう。