高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

インプラントの治療法

インプラントによる歯の治療法は、誰にでも知られているメジャーなものとは異なります。
仮になんらかの原因で歯が無くなったとしても、歯を復活させる方法はあるのです。
ひとつ例を挙げるならば、入れ歯でしょう。

ですが、入れ歯はあくまで歯を自分の歯の中にあてはめるだけなのです。
頑丈なわけでもなければ、しっかりものを噛んで、これまでどおり自分の歯のように扱えるかというと、そういったわけではなかったのです。
そこで確立されたのが、インプラントによる治療の方法です。

インプラントとは、人工の歯の根という意味合いがあります。
この人工的に作られた歯を、自分の歯茎の中へ埋め込み、歯の土台を作り、固定することによって、あたかも自分の歯のように使用できるというものです。
人口の歯といっても、クオリティは確かなもの。

これを行うことによって、噛みあわせが改善したり、これまで歯がなかった部分に歯を入れ込むことによって、食事がしっかりできるようになったりするのです。
インプラントの施術方法はいろいろなパターンがあります。
まず一つめは。

インプラントを骨に挿入後、人工の歯を装着。
一回で施術を終わらせることが可能ですが、骨の厚みが不足していると行うことができません。
二つめは、まず先に印譜短とを埋めこみ、仮の歯の状態で3ヶ月、あるいは6ヶ月ほどの期間を経過させたあと、異常がなければ、人工の歯を装着、施術を終了させるやり方です。
二つめのやり方の場合、時間こそかかってしまうものの、しっかりとリスクを計算した分、後々でなにかしらトラブルが発生するリスクを減らすことが可能です。

このように、ひとえにインプラントといってもいろいろな施術方法があるのです。
これからインプラントをしようかどうか悩んでいるという方、今は入れ歯を使っているけれど将来が不安という方、ぜひ一度相談されてみてはいかがでしょうか。
歯は一生大切にしていく必要があります。

しっかりとケアしていきましょう。