高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

インプラントの相談

インプラントをしたいかどうか迷っている、という方は、ぜひお医者さんに相談してみてください。
インプラントにはかなりの費用が発生しますので、簡単には決断が難しいです。
今後の人生を考えたとき、入れ歯を選ぶか、インプラントを選ぶかということで迷われる方も多いかもしれません。

インプラントの特徴について述べてみましょう。
まずインプラントは、自分の歯の抜けてしまった部分に、人工の歯を埋め込むという手術となります。
歯が抜けるにはいろいろな問題があります。

歯は常に食事を食すところですので、常にケアをしておかないと、あっという間に虫歯になったり、歯肉炎になったりと問題が起こります。
これらの問題が起きることによって、歯の全体の状態が悪くなったり、がたついたりしてしまいます。
そうすると、うまく食べ物を噛むことができず、栄養素をうまく摂取できなかったり、噛まずに飲み込んでしまうことによって、肥満などに繋がる可能性もあるのです。

そんな状態を防ぐためにも、歯の状態は常にチェックしておく必要があります。
それでも歯が抜け落ちてしまったり、歯全体のバランスが悪くなったりしたときの対策として、インプラントがあるのです。
費用はそれなりにかかるのですが、その費用に見合った特徴があるのです。

入れ歯と比較すると、入れ歯は一日ごとに外す必要があるのに対し、インプラントは外す必要がありません。
入れ歯は歯茎の上に乗せるイメージなのに対し、インプラントはしっかり埋め込むことが可能なので、まるで自分の歯のような感覚で使用することが可能なのです。
これまで歯の治療は考えてきたけれど、インプラントをするかどうかは迷っているという方は、ぜひ一度考えてみてください。

但し、一つの注意点として、顎の状態が弱っていたり、骨が薄かったりする場合、インプラント手術は行えない場合があります。
そうならないためにも、常に歯のケアは最低限行うようにしましょう。