高額な歯の治療

メリット・デメリット
噛み合わせ矯正
美しい歯並び
デンタルローン
入れ歯比較
骨格整体
重要なのは顎
50代からのインプラント
インプラントのリスク
写真で見る失敗例
インプラントの成功率
インプラントの治療法
インプラントの発祥地
インプラントの相談
インプラントの種類
喫煙者はできない
一生もの?
任意治療
贅沢品?
不可のケース
インプラント周囲炎
インプラント専門医
治療費が高い理由
交換時期
術後メンテナンス
四大インプラント
歯周病は敵
総インプラントの費用
部分と総インプラント
骨量とインプラント

50代から始めるインプラント

インプラントは50代からでも始めることができます。
これまで歯の矯正をされてこなかった方や、やりたかったけどできなかった、またはする時間がなかったという方は、ぜひ一度チャレンジしてみてください。
歯の形が悪かったり、また歯の欠損があったり、歯槽膿漏が全体に蔓延していたりすると、食事はもちろんのこと、飲み物も満足に飲めない結果となります。

また、歯周病が進行することによって、歯におもいっきり染みることになり、これを我慢した結果、取り返しのつかない重い症状を発症する可能性もあります。
インプラントを始めるのはいくつでも構わないのですが、自分の予算と相談し、もし予算があるのであれば、早めに始めるにこしたことはないでしょう。
歯を大切にしなさいというのは格言ですが、実際のところ若いうちは歯は頑丈です。

これが30代、40代と年をとるにつれて、がたついてきたり、抜けたり、虫歯が蔓延する結果となってしまいます。
歯は日ごろから大切にしたいところです。
若いうちから虫歯や歯周病を経験した方ならおわかりかと思いますが、50代、あるいはそれ以降の歯の状態はもっと大切です。

歯の状態で老後が決まるといっても過言ではないでしょう。
実際に、物をうまく噛めなくなって寿命が早まってしまうという方もいらっしゃいます。
また物を喉に詰まらせて亡くなってしまう方もいるのです。

こうした事例からも、歯が大切だということがわかりますね。
50代は最後の分岐点です。
老後を自分の歯ですごすか、それとも入れ歯などを使って過ごすかです。

入れ歯にはまだまだ細菌などの問題点もあるとされています。
その一方で、インプラントを行えば、いちいち歯を入れたりする必要はありません。
自分の歯のようにずっと使っていけるものとなるのです。

ただ相談していくだけでもおすすめです。
これまであまり知らなかった自分の歯の現状を知ることができるからです。
たかが歯だからと馬鹿にするのではなく、今一度自分の大事な歯にしっかり向き合ってみましょう。